総合学科とは?

 総合学科は、生徒が自分の興味・関心・進路により多くの選択科目から自由に選択し、普通教科と専門教科を総合的に学ぶ学校です。小笠高校はこうした生徒の 自由な科目選択を最大限保証する、総合学科の理念に忠実な学校です。

小笠高校の特徴

 このページを見たあなたは、「高校生になる」ことをまじめに考えているはずです。高校生になったら、あんなコトをしてみたい、こんなコトもしてみたい、と 考えているかもしれません。また、○○部に入ってがんばりたい、英検や漢検などの資格試験に挑戦したい、という積極的な希望を持っている人も多いでしょう。 まだ明確な希望はないけれど、高校に入って、これからのことをじっくり考えたい、という人もいるのではないでしょうか。いずれにしても、皆さんは(合格すれ ば)高校生になるわけです。
 小笠高校では、数学や英語といった「普通教科」のほかに、農業・工業・商業・家庭・福祉・体育・芸術・体育・芸術・国際 理解などに関する「専門科目」を開設しています。「普通教科」は、全国どの高校に進んでも学べる科目です。数学や英語、芸術等のことです。どこへ行っても学 べますが、「普通科」と呼ばれる学校では、だいたい「普通教科」を中心に3年間の学習が展開されます。△△工業高校や○○商業高校ではそれぞれ工業や商業の 「専門科目」を軸に3年間の学習が組み立てられています。
 小笠高校は少し違います。バランスをとりながら「普通教科」「専門科目」の学習が組み立てられ 、みなさんの進路実現をサポートするようになっています。数学や英語、情報等といった、高校生として学ぶべき教科・科目の他に、多くの「普通教科・科目」「専 門科目」が選択科目として開設されています。これらの科目は、みなさんの進路実現にピッタリした科目群に構成されていて、これを「系列」と呼んでいます。

 また、小笠高校(総合学科)では、「産業社会と人間」という科目を全員が学びます。これは、高校での学習、生活を含めたみなさんの生き方、進路について学び 、考えていく授業です。授業を通して「自分が高校に入るまでに決めていた進路が、本当に適当であるのか。「自己の進路実現に適している学習パターン(系列)は 何か」を真剣に考えます。
 授業は、農業・工業・商業といった、中学校では出会えなかった教科・科目の体験学習や職業講話を取り入れています。もちろん、 教室での授業もきちんと行い、職業についての知識も新たにしていきます。
 他の高校とは違い、自分自身で進路だけでなく、生き方について真剣に考えるチャ ンスがあります。これまでの職業観や生き方、あり方を見つめなおすチャンスが、小笠高校にはあります。
 上記のほかにも、総合的な学習の時間として、「茶文化探求」 という授業を全員が学びます。
 小笠高校の前身である小笠農業高校の伝統をくみ、静岡県の名産である「茶」を軸に世界を切り取っていく授業です。

系列

 「系列」は、これまでの専門高校の学科やコースとは違い、あくまで科目選択の目安です。系列をこえた科目選択も可能ですし、途中での系列変更も可能です。これ が総合学科の「系列」というものです。
 小笠高校では、進路と科目選択を体系的にまとめた「系列モデル」を用意しています。大きく7つの「系列」を設定し、その「系列」を進路・学習分野別にさらに細 かく分けた10個の「系」があります。下の表は、本校の「系列」と「系」をまとめたものです。
 「産業社会と人間」での系列体験学習と自分の進路希望、興味・関心を基に、自分に最も適していると思われる系列と系を選んでください。

系列 学習内容 進路
人文国際 語学・経済 社会のしくみ・政治・経済や日本または世界の歴史・文化・伝統に関する学習を通して、国際化が進む現代社会において積極的に生きる人間として必要な能力と態度を身につける。 進学
自然科学 理学・栄養・看護 観察や実験を通して、自然科学における基本的な原理や法則について理解を深め、物事を数学的・科学的に考察し、処理する能力と態度を身につける。
健康 保育・福祉・生活 保育・福祉について広く学び、明るく豊かで福祉の心を生かした生活をおくる能力と態度を養う。生活全般に必要な基本的技術や知識を習得する。 進学・就職
スポーツ・技術 運動の合理的な実践や健康を理解し、スポーツについて体系的に学習するとともに、健康の増進や体力の向上を目指す。
芸術 美術・工芸・デザイン 芸術の諸活動を通して、創造的な表現力や芸術鑑賞能力の向上を図り、美に対する感性を高める。
音楽 音楽の幅広い活動を通して、生涯にわたり音楽を愛好する心情を育てるとともに、感性を高め、創造的な表現と鑑賞能力の向上を図り、音楽文化について理解を深める。
農業科学 食文化 野菜やお茶の栽培に関する知識、食品の加工・調理や食品産業に関する知識と技術を習得する。
生物生産 野菜、草花、お茶の栽培、自然や環境に関する基本的な知識と技術を習得する。
情報技術 情報技術 コンピュータの基礎的・基本的な知識と技術を習得し、情報化社会及び技術革新に主体的に対応できる能力と態度を身につけ、情報系の各学習・資格検定に関する内容について学ぶ。
ビジネス情報 ビジネス情報 商品の流通や販売などに関する基礎的・基本的な知識と技術を習得し、ビジネス活動を円滑に行う能力と態度を身につける。

カリキュラム

 総合学科である本校の最大の特徴は、「自分の時間割を自分で創る」ことです!下記の表のうち「自分で創る部分」が「選択枠」です。  本校は前後期の二学期制で、下表のとおり1年次後期から選択授業が始まります。1年次後期は2単位、2年次に24単位、3年次には30単位を自分で選択します。

※平成24年度1年次生の選択帯です。

 この「選択枠」には、国や小笠高校が定めた必ず学ばなければならない科目や選択することを強く勧める科目を含める必要 があります。

開講科目・選択条件一覧表

何でも相談、クラスには2人の担任

 本校では、2人担任制をとっています。40人1クラスに2人の正担任がつきます。これは生徒一人一人の「個性」を複数の視点から見つけて育ててい くためです。科目選択指導や面接などは、20人ずつ行います。進路、部活動、勉強などの悩みも担任が2人いるから、いろんな角度から解決方法を一緒に考えてくれます。

Page-Top