地震・台風等における生徒の行動

地震

 居住地域・学校所在地域・登下校時に通過する地域のいずれかに発令された場合には下記のように対応してください。

観測情報発令時

行動
登校時 登校時は学校へ登校し、学校職員の指示に従う。下校時は速やかに下校する。
在宅時 登校する家族と相談し、状況に応じ対応する。
在校時 平常通りの授業を行う。状況に応じ学校職員の指示に従う。

注意情報・予知情報発令時

行動
登校時 原則として帰宅する。交通機関利用者は、乗務員等の指示に従う。
在宅時 直ちに授業等の活動を中止し、避難場所に地区ごとに集合し、集団下校する。交通機関の状態等や安全が確認できた時点で下校する。
在校時 自宅待機。状況に応じ指定の避難場所に避難する。

注意情報・予知

行動
登校時 最寄の避難所に避難する。交通機関利用者は、乗務員等の指示に従う。安全に帰宅できる場合は集団下校する。
在宅時 学校職員の指示で避難する。安全が確認されたら、集団下校する。道路・交通機関の状況で下校できない生徒は、学校に留まり、保護者の引き取りか、安全が確認されたら下校する。
在校時 自宅待機。避難場所に避難する。
台風等

 台風等が県西部地方に接近していても授業は極力開講する。また居住地域・学校所在地域・登下校時に通過する地域のいずれかに発令された場合には下記のように対応してください。

 
情報 授業 登校前発令 登校後発令
特別警報
(大雨、暴風、高潮、波浪、大雪、暴風雪)
授業中止午前6時の時点で特別警報が発令されている場合は、午前11時まで自宅待機とする。

午前11時の時点で特別警報が解除されていない場合は、一日休校とする。

午前11時の時点で特別警報が解除されている場合は、午後の授業に間に合うように登校する。ただし、今後の気象情報や地域の実状等を家族と相談し安全に登校できることを確認した上で登校する。なお、安全に登下校することが心配される場合は、学校に連絡し、自宅で待機するか状況を見て登校する。
①気象情報を判断し、安全を確認した後、下校させる。

【確認事項】

○交通、道路情報の確認
○保護者引取りの有無
○集団下校者の確認
○自転車通学者で帰宅不能になった場合の対処方法

②安全に下校することが困難な生徒については、保護者と連絡を取り適切な対処をする。
警報 暴風 授業中止 午前6時の時点で暴風警報が発令されている場合は、午前11時まで自宅待機とする。

午前11時の時点で暴風警報が解除されていない場合は、一日休校とする。

午前11時の時点で暴風警報が解除されている場合は、午後の授業に間に合うように登校する。ただし、今後の気象情報や地域の実状等を家族と相談し安全に登校できることを確認した上で登校する。なお、安全に登下校することが心配される場合は、学校に連絡し、自宅で待機するか状況を見て登校する。
大雨 平常授業 ①今後の気象情報や地域の実状を家族と相談し、安全に登校できることを確認した上で、登校する。

②安全に登下校することが心配される場合は、学校に連絡し自宅で待機するか、状況を見て登校する。
①気象情報や地域の実状に応じ、下校させることもある。
洪水
注意報 強風 平常授業 ①今後の気象情報や地域の実状 等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。

②安全に登下校することが心配される場合は、学校に連絡し自宅で待機するか状況を見て登校する。
①気象情報や地域の実状に応じ、下校させることもある。
大雨
洪水

◎登校前にテレビやラジオで注意報の発令を聞いた場合
 今後の気象情報や地域の実情等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。
◎公共交通機関が事故や自然災害等でストップしている場合
 駅・バス停等で原因を確認し、開通するまで待つ。極力学校に事情を連絡する。登校すれば遅刻、欠席とはならない。
◎その他
 ① 大雨時や出水時は路肩の側溝等に転落しないよう注意する。
 ② 通常の登下校路をチェックし、山・崖崩れ等の危険箇所を把握しておく。
 ③ 特に危険が予想される場合は複数で登下校する。

Page-Top